高津子連について

子ども会は子どもの遊びをとおして、子どもの社会性や自然体験・生活体験を直接体験するところです。高津区子ども会連合会では、その遊びを年間を通して行なう地域の単位子ども会を支援することによって、年齢差や地域差をこえた大きな集団の仲間づくりを応援します。
 サイト内を見る場合は、サイトマップからお入りください。

高津区子ども会連合会

子ども会で育む力

高津区子ども会連合会 会長 新井久三

新井久三高津区子連会長

気軽に参加できる子ども会、まずは子ども会に入り体験して下さい。そこでスポーツが好きな子は好きなスポーツを行い、素質が出てきたらクラブに移動して専門的な指導を受けプロを目指しても良いのです。遊びだけが好きな子でもいいんです。子ども会では子どもリーダー研修で、様々なゲームや遊びを教え、その中からグループのリーダーになり、他人を引っ張っていく力が身につくような指導をしています。少子化の影響で、一人っ子育ち、上手く友達が作れない子どもが増えたと言われますが、先輩に学び、後輩の面倒を見ることも自然とできるようになります。年齢の違う色々な仲間と遊びを通して活動してく中で、常識的な 判断を下せるようになり、大人になっても社会生活に馴染んでいけるようになれるのです。また、子ども自身が、遊び等を提案することにより積極性や工夫する力、楽しさを自ら生み出す力も備わっていきます。進学あるいは会社への就職等の時は、子ども会活動の証明書を発行しています。すでに学力だけ高ければ良いという時代ではなく、複雑な社会環境の中に如何に上手く適応できるかが問われています。子ども会で培った能力を高く評価され大学に進学した方の話も聞いています。子ども会で地域の大人や子ども、たくさんの人と交流して遊び、学び、楽しい子ども時代を過ごしましょう。

動画特集

高津区子どもフェア(20:54)

夏休みラジオ体操(2:32)

高津区民祭模擬店潜入ルポ(4:38)

連盟野球大会二日目(8:31)

工藤美恵子の手前味噌を作っちゃおう!

高津区子ども会連合会WEB

新たにWEBコンテンツ作成者募集

当WEB管理者の都合により新規募集

永年ご愛顧頂いた当WEBページは、近々管理者の都合により更新が出来なくなります。「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ」平家物語のように、始まりがあれば必ず終わりは来ます。管理者が子ども会に係ったのは遙か彼方の昔のように感じます。長女から三女へと係わりが交代する中で当WEBは立ち上がりました。まだ今のようなSNSなど存在せず、インターネットの機能(Protocol)は、mail(IRC)、WEB(HTTP)、News(NNTP)、FTP、StreamingがProtocolとして使われていたと記憶します。現在ではNewsなど見る人はスペシャリストでも少数なのではないでしょうか。

ボランティアでお願いします

はじめはご自身のプロバイダが運営する無料ホームぺージから

まず立ち上げてみてください

ご自身でWEBを立ち上げてみてください。検索エンジンに表示されるようになったら、事務局にお申し出ください。子ども会のWEBページには原則的に予算は付きません。ご自身で取材からホームページ立ち上げ、更新までおこないます。この時代にそんなことあるかって?川崎市子ども会連盟や高津区子ども会連合会では、広報誌作りからイベント運営まですべてボランティアで賄われていることをご確認ください。

CSS3とHTML5を使って

スマホ、タブレット、パソコンに最適化

CSS3やHTML5は色々なものが出回っています。テキストで書いていくのがベストですが、ビルダーやHTML生成ソフトを使う場合は最新バージョンを使わなければなりません。スマホ、タブレット、パソコンなどでも最適化してユーザーが見れることが基本となります。
 例えば、パソコンでご覧の方は当ページの幅を徐々に狭めてみてください。900pixel以下だとタブレット用に、290pixel以下にするとスマホ用のデザインになることが確認できます。